ログイン  |  for English  
|  コンプライアンス宣言  |  個人情報の取扱い  |  リンク  |
ホーム送電線建設技術研究会の案内会員の方へ刊行物案内送電線のしごと
送電線のしごと
調査・設計
仮設工事
基礎工事
鉄塔組立工事
架線工事
ラインマン <<
役割
保守・点検
現場の声
ラインマンとは?
日々の生活に必要な伝記は、ライフラインとして送電線を通って私たちに届けられます。その電気の通り道となる送電線(鉄塔と電線)の建設と点検に係る工事に従事する人々が「ラインマン」です。
大切な電気を送り続けるために必要とされる、高い技術・特別な技能を持った技術者のことです。

鉄塔を建て送電線を架けるまでにたくさんの工程があり、その工程ごとのスペシャリストがいます。このスペシャリストたちをまとめて「ラインマン」と呼んでいます。

  • 設計士
  • 送電基礎工
  • 組立工
  • 架線電工

どんな仕事?

主な仕事は、鉄塔を建て、鉄塔と鉄塔の間に電線を張る(架線)工事の設計と施工です。
鉄塔は、100メートル以上のものまであり、誰にも真似することができない、高い技術・特別な技能を必要とする仕事です。
ラインマンになるには?

社会から必要とされる電気を送り続ける仕事への「熱い心」と「強い体」が不可欠です。高い技術・特別な技能は、職場における一定期間の教育・訓練で養われます。
入社するまでに特別な学習をする必要はありません。
働く場所は?

全国各地、電気を送るために送電線が必要なところが職場となります。
日本の四季と自然のすばらしさを感じながら、大空の下で私たちと一緒に仕事をしてみませんか?
<< 前へ       次へ >>
送研の案内
概要
事業の紹介
公開情報
電子公告
行事予定
統計調査
アクセスマップ
会員の方へ
 
 
 
 
 
 
 
刊行物案内
書籍頒布
送研リポート
送研ラインマン
送研ブックショップ
 
 
 
送電線のしごと
ラインマン
 
 
 
コンプライアンス宣言
個人情報の取扱い
リンク
Copyright © 2018 Souken.All Rights Reserved.