ログイン  |  for English  
|  コンプライアンス宣言  |  個人情報の取扱い  |  リンク  |
ホーム送電線建設技術研究会の案内会員の方へ刊行物案内送電線のしごと
送電線のしごと
調査・設計
仮設工事 <<
基礎工事
鉄塔組立工事
架線工事
ラインマン
役割
保守・点検
現場の声
仮設工事
送電線建設工事を行うためには、工事用地を確保し、資機材を工事現場まで運ぶ運搬路などが必要になります。
山岳地に建設する場合は、運搬用道路を作れない場所に索道を架設するなど、大規模な仮設工事が必要になることがあります。

資機材運搬路(索道)

公道から遠く標高差のある建設現場で運搬道路が作れない場合は、索道が多く利用されます。索道は、ロープウェイと同じような構造になっています。 索道
索道
資機材運搬路(ヘリコプター)

索道の設置が不可能な山岳地の鉄塔ではヘリコプターを使います。ヘリコプターの運搬能力に合わせて部材の重量が制限されます。 ヘリコプターによる運搬
ヘリコプターによる運搬
資機材運搬路(モノレール)

地形や運搬距離を考えて、索道よりコスト面で有利な場合は、モノレールが使われることがあります。 モノレール
モノレール
作業構台

急傾斜地の場合は、作業の効率性・安全性などを考えて、大規模な作業構台を設けることがあります。 作業構台
作業構台
<< 前の工程へ       次の工程へ >>
送研の案内
概要
事業の紹介
公開情報
電子公告
行事予定
統計調査
アクセスマップ
会員の方へ
 
 
 
 
 
 
 
刊行物案内
書籍頒布
送研リポート
送研ラインマン
送研ブックショップ
 
 
 
送電線のしごと
ラインマン
 
 
 
コンプライアンス宣言
個人情報の取扱い
リンク
Copyright © 2018 Souken.All Rights Reserved.