ログイン  |  for English  
|  コンプライアンス宣言  |  個人情報の取扱い  |  リンク  |
ホーム送電線建設技術研究会の案内会員の方へ刊行物案内送電線のしごと
送電線のしごと
調査・設計 <<
仮設工事
基礎工事
鉄塔組立工事
架線工事
ラインマン
役割
保守・点検
現場の声
調査・設計
地形、地質、気象などの自然条件や社会環境に加え、工事や保守の難易度、工事費などを総合的に判断して、送電線ルートを選定します。
ルート決定後、測量結果から鉄塔高を決定し、鉄塔強度設計など各種設計を行います。

ルート選定

地滑り箇所・活断層・軟弱地盤などの地質・地形、気象・景観や貴重な動植物の生息地などの自然条件、道路・鉄道・他の送電線・建造物・国立公園などの社会条件、などの情報を基に何回もの現地調査のうえルートを選定します。 送電線ルートの検討
送電線ルートの検討
現地測量

ルート決定後、現地でトータルステーション(光波測距義とGPSが一体となった測量器)を用いて測量(平面測量、縦断測量、鉄塔立地点測量)を行います。 トータルステーションによる測量
トータルステーションによる測量
設計

測量データを基に縦断設計をして、鉄塔の型と高さを決定します。決定した鉄塔の型と高さにより、鉄塔強度設計を行い、基礎設計により基礎型を決めます。
なお、事前に一連の絶縁設計、電線・地線設計、がいし設計などにより、鉄塔腕金部の詳細形状を決めておきます。
CADによる設計
CADによる設計
動的解析による地震応答解析
動的解析による地震応答解析
<< 前の工程へ       次の工程へ >>
送研の案内
概要
事業の紹介
公開情報
電子公告
行事予定
統計調査
アクセスマップ
会員の方へ
 
 
 
 
 
 
 
刊行物案内
書籍頒布
送研リポート
送研ラインマン
送研ブックショップ
 
 
 
送電線のしごと
ラインマン
 
 
 
コンプライアンス宣言
個人情報の取扱い
リンク
Copyright © 2018 Souken.All Rights Reserved.